消灯時間です

消灯時間です

今日のアドリブ 気ままに書きます

免許の更新に行ってきた

f:id:didoodah:20180116190507j:plain

自動車の免許更新の時期がまたやってきた。
前回からもう5年だ。早い。悲しいかな、5年という年月のスパンが年々短く感じられる。

今年の冬はなんだかひどく寒いのと、警察署という不慣れな場所へ行くことへの緊張とで、なかなか足が向かない。しかしそう悠長に構えていられることでもないので、今日、重たい腰をあげてようやく手続きへ。

いざ行ってみれば、拍子抜けするほど簡単に手続きが済むことなのだが、5年のうちについそのことを忘れ、「前回どんな感じだったっけ?」と、毎回軽い緊張にうち震えてしまう。そこで、今回は自分への備忘録も兼ね、今日の更新手続きのことを日記に記しておくことにした。

午前9時すぎ、指定のT警察署へ到着。警察署に入る前に、証紙の購入と、顔写真を撮ってもらうため、まず、同じ敷地内にある、交通安全協会の方へ向かった。

朝まだ早い時間だったせいか、他に待ち人もおらず、さっそく受付していただく。
親切な応対。更新連絡のはがきと免許証を提出し、顔写真は用意してこなかったので撮影をお願いしたい旨告げると「ありがとうございます」と、その言葉、待っとりましたという感じのリアクションであった。

続いて、交通安全協会への入会を促される。会費は1,500円。子どもたちの交通安全教室の運営費などに充てられているとのこと。「任意ですが、子どもたちのためによかったらぜひ・・・」と、どこか遠慮がちな声。断る人も多いのだろうか。「かまへんかまへん」と二つ返事で入会を承諾すると、心なしか応対はますますていねいに。

「協会に入会していただいたので」ということで、元々の金額は不明だが、写真の撮影費が会員価格で500円になった。免許証の写真に限らず、マイナンバーカードなどの他の証明写真の撮影サービスも行っているらしく「いつでも500円で撮影できますので、ぜひご利用ください」とのこと。地味に営業努力されておられるらしいことを実感する。更新手数料などと合わせて計5,000円を支払い、まずは顔写真の撮影。立ったまま、デジタルカメラでの撮影である。撮った写真は確認させてくれる。撮り直しも可能とのこと。

写真撮影が済むと、こんどは機械に4桁の暗証番号の入力作業。その後、しばし待機。どうやらこの間に、警察署へ提出する申請書類の作成を代行してくれていたようである。協会に入会したからかしら?とにかく面倒なのは苦手なので助かった。私の方でしたことといえば、健康状態の申告書類の作成のみ。それもレ点チェックと署名だけという非常に簡単なものだった。これで、交通安全協会内での手続きはひとまず終了。作成してもらった申請書類一式を受取り、いざ警察署へ。「中に入ったら、いちばん奥の免許事務の窓口へそのままお出しください」とのこと。

クリアファイルに入れてもらった書類一式を持ち、おそるおそる指定の窓口へ。威勢のよさそうな婦警さんが出てきたので一瞬ビビったが、案外ソフトな応対だったのでほっとする。住所や名前に間違いがないか確認を受けた後、さっそく視力検査。

検査はとりあえず裸眼で臨むようだ。コンタクトレンズをつけているかどうか確認された。年々、視力が悪くなってきているので緊張したが、念のため持参したメガネの力を借りずともなんとか無事クリア。

検査後、呼び出し用の番号札を受け取り、窓口のすぐ目の前に並んでいるイスに座って、警察の方の講義とDVDによる計30分間の講習を受けた。先客が一人いたが、まもなく窓口に呼ばれて立ち去っていったので、途中からはマンツーマン状態。講師の方も相手が私一人なので気がほぐれたのか、思いがけなくアットホームな講習に。

DVDを見ているところで30分間が経過したらしく、窓口に呼ばれる。先ほどの婦警さんが対応。新しい免許証の受取についての説明を受ける。即日交付署ではないので、後日窓口受取か郵送とのこと。郵送料は1000円。意外と高い。しかし諸事情により、今回は郵送を選択。免許証の裏面に「郵」のハンコをもらって、郵送手続きのため、再び交通安全協会へ。(警察署内での手続きはこれで終了だった)

交通安全協会の窓口にて、郵送の手続き。「郵」のハンコ入りの免許証を提示し、代金を払うと、専用の封筒をくれる。封筒に送り先を記入して再び窓口へ。控えを受け取って、今日のすべての手続きが終了した。新しい免許証は、約2週間後に手もとに届くらしい。

所用時間約45分ほど。意外にスムーズに終わった。手続きが終わったらほっとしたせいか急激におなかがすいてきて、警察署近くにある大型スーパーに飛び込み、太巻きとおいなりさんを購入。そういえば、このスーパーも、前回の更新時はまだ建っていなかったように思う。あっという間にすぎるようだが、やはりいろいろな物事が移り変わっていくには十分な5年という歳月の重みを噛みしめつつ自宅に戻り、買ってきたお寿司で遅めの朝食。

免許の更新ももう何回目になるだろう。もう何度となく経験しているのに、時期がめぐってくるたびに毎回緊張し、終わるたびに毎回大役を果たした気分になるから不思議である。

お題「今日の出来事」