消灯時間です

消灯時間です

今日のアドリブ 気ままに書きます

ほぼ東海道を歩く旅⑦【小田原~箱根湯本】

f:id:didoodah:20180518115034j:plain

GW中も仕事だった夫は、世間の連休の終わりとともにようやくうれしい5連休。
しかし休みに入ったとたん、毎日のように雨は降るわ、冬に逆戻りしたように寒いわで散々な日々。
それでもせっかくだから鎌倉の海沿いにアジフライでも食べに行くかと、少しだけ晴れ間がのぞいた5月某日、さっそく車を走らせた私たちでしたが・・・

 
旅人:俺様(夫)
同行&記録係:私

 

f:id:didoodah:20180515155729j:plain

何がどうして、なぜか小田原のエキチカでがっつりカツを喰らう私たち。
しかも俺様のいつもの唐突な提案で、急遽、駅の近くに車を置き、小田原から箱根湯本までを歩くことになりました。
ちなみにこちらのお店は、小田原駅の地下街にある田むら銀かつ亭さん。
箱根の強羅駅近くにある本店はいつもびっくりするほど混んでますが、小田原のお店は入りやすいので、行列アレルギーの我々はこちらのお店に時折おじゃましております。おいしいです。

f:id:didoodah:20180515164941j:plain

腹ごしらえも終えたところで、さっそく箱根湯本を目指し歩き出す。
時間はすでに13時30分をまわっていた。
夕方から雨の予報だったが、空は今にも泣きだしそうな気配。先行きが心配だが、俺様の判断でとりあえず行けるところまで行ってみることになった。
それにしても小田原城のお堀周りはきれいだな。近くに住んでいたら毎日散歩に来たいぐらいだ。

f:id:didoodah:20180515173450j:plain

お堀の通りを経て、いよいよ東海道(国道1号)へ。
あんぱん屋さんやういろうの専門店など、昔ながらのお店が立ち並ぶ魅惑の道を脇目もふらずせっせと歩く。
箱根までは途中、何か所か旧道も通れる区間があるようなのだが、下調べもせずに歩き始めてしまったため、この日は無難にこのまま国道1号を進むことにした。

f:id:didoodah:20180515183819j:plain

小田原の街から15分も歩けば、まわりの風景がガラリと変わってくる。
天気が天気だけになんだかもの寂しい。しかも時折、ぽつりぽつりと顔に水滴があたるようになった。いよいよ雨が降ってきたようだ。
「うーん、今日は風祭駅までにしておくか・・・」と悩む俺様。

f:id:didoodah:20180517002925j:plain

が、結局、道すがらのコンビニで傘を買って、小雨の中を歩き続けるのだった。

 

f:id:didoodah:20180517184210j:plain

そして14時42分。いよいよ箱根町に入った。
少しだけ気分が上がる。
しかし、ここで境界票を見て「はこねはこねだ」と浮かれている場合ではなかったのだった。私たちはここからさらに5分ほど歩いた「山崎古戦場」というところでなんと歩道を見失ってしまい、すこし慌ててしまったのだ。がーん。

f:id:didoodah:20180517225016j:plain

失敗の発端は、そもそもここからだった。
小田原からしばらく道路の右側を歩き続けてきた私たちは、風祭の交差点を少し過ぎたあたりにあったこの案内板にしたがって左側に進路を変え、そのまま箱根まで歩き続けたのだが、どうやらこれがいけなかったらしい。

たしかにこの地点から箱根に向かって右側の歩道はしばらくなくなり、左側の歩道を歩かなければならなくなるのだが、どこかのタイミングで再び右側に戻っておくべきだったようだ。けっきょく、小田原ー箱根間を安全かつスムーズに歩くには、ずっと国道沿いを歩くのではなく、上手に旧道に出入りしながら歩くのがいちばんだということがわかった。国道1号は箱根に近づくにつれ、横断歩道はおろかついには歩道すらもなくなるなかなかスリリングな道になってしまうのだ。車もびゅんびゅん飛ばしてくるし。けして無難な道ではありませんでした・・・。


時すでに遅しだけれど、道については後ほどおさらいし、安全に歩けそうなルートを調べてざっと地図にまとめてみた。「あーここをこう歩けばよかったんだね」と後悔の連続です。小田原ー箱根間を甘く見過ぎておりました。反省。

f:id:didoodah:20180518095750j:plain

とにかくその時は他にエスケープの方法がわからず、やむなく車の流れが途絶えた隙に車道を横断することでなんとか再び歩行可能な道に戻ることができたのだが、一歩間違えれば事故につながる危険で迷惑な行為だったと自責の念にかられている。ともあれ、この石畳の道にたどり着けたときには正直ほっといたしました。まもなく箱根湯本です。

f:id:didoodah:20180518113508j:plain

15時ちょうど、三枚橋に到着。
箱根路の旧街道への入口だが、この日の旅はここまで。橋は渡らず、このまままっすぐ箱根湯本駅方面に向かいます。

f:id:didoodah:20180518120231j:plain

15時10分、箱根湯本駅に到着。
駅前の商店街をざっとひやかした後、小田急線で小田原へ。それにしても昨今の箱根は海外からのお客様が多い。帰りの電車の車内は、乗客の8,9割がたが外国の人たちで、まるでスイスの登山鉄道のような様相を呈していた。乗ったことないけど。雰囲気雰囲気。

次回こそはいよいよ箱根越えに挑戦か?!それにしてもひさびさの東海道だった。はじめこそ順調だったものの、日々のあれこれや天気の具合やらいろんなものに阻まれ、ここに来て少し足踏み状態の俺様と同行者・私の東海道歩き旅。次の実施日もむろん未定である。(できれば猛暑がくる前には実施したい・・・)

【今回の旅のメモ】
〇ルート:小田原(神奈川)~箱根湯本(神奈川)
〇実施日:2018年5月初旬(天気:曇り~雨 気温13℃)
〇歩行距離:約7キロ
〇所用時間:約1時間40分
〇HP消耗度:★★☆☆☆(プチハプニング級)
〇使ったお金:1,800円/人ぐらい(昼食代+交通費+その他)

〇感じたこと:距離は短いですが意外とトリッキーな道が続きます。侮れません。歩く場合はしっかり下調べの上、臨んだほうが無難でしょう。

〇きょうの教訓:「なるたけ右側に進路をとれ!」