消灯時間です

消灯時間です

今日のアドリブ 気ままに書きます

ある日の昼ごはん

健康診断後の絶食明け――
妙な緊張から解かれ、猛烈におなかがすいてくる。
こんなときはさっと作れて、それなりにおいしいごはんがいちばんだ。

というわけで冷蔵庫の余りものを物色し、作ったのが

f:id:didoodah:20170917124153j:plain:w300

ねぎとソーセージのにゅうめん

何を隠そう、私はこの料理を、かつて放送されていた大家族ドキュメンタリー「痛快!ビッグダディ」で知った。冗談みたくとっちらかった台所で、ビッグダディと当時のご夫人が、早朝から猛烈な夫婦ゲンカを繰り広げながら作っていたのがこの麺だった。言ってみれば「ビッグダディにゅうめん」である。

作り方はいたってシンプル

グラグラと煮立てたお湯の中に、刻んだソーセージ、たっぷりのねぎ、そして、そうめんを下茹でもせずそのままブチ込むという、超かんたんズボラ料理だが、これが意外においしい。
ソーセージとそうめんの塩気で味がでるから、味付けもほとんどいらない。食べるときに一味や七味でいただくだけで十分である。

私はねぎとソーセージだけで作ってしまうのだが、「ビッグダディ」では、玉ねぎも刻んでいたような記憶がある。甘味が出ておいしいかもしれない。

思えばあの番組も、最初の方こそ素朴な感じが良かったが、何がどうしてそうなったやら、なぜか元夫婦がそろってタレントになってしまうという、思わぬ着地のしかたで幕を閉じていた。
まったく、人生何が起こるかわからないものだ。そんなことを思い出しながら、つるつる麺をすする。

さて、腹ごしらえもしたし、あとは最後の大仕事、バリウム排出のときを待つばかり・・・。毎年これがしんどい。

すっかり秋の気配の、ある日の午後の出来事。